29年後期 講座内容 一覧へ戻る >>>
講座番号  23
講座名  司馬遼太郎著『花神』を読む
講座内容  幕末の長州の医師、村田蔵六(後の大村益次郎)の生涯を通して、時代と学問について、また、日本史における明治維新を考えてゆく。
講師名  町井 孝行
会場  パルティせと 4F 第1学習室
日程  10/13, 11/10, 12/8, 1/12
時間  13:15~14:45
曜日 
募集人員  25人
教材費  0円
受講料  2,808円
回数  4回
持ち物  ノート、筆記用具
対象レベル  初級
1日目の内容  司馬遼太郎『花神』は幕末の長州の医師であった村田蔵六(後の大村益次郎)の生涯を通して…彼が医師から、明治官軍の参謀になることから…学問と時代、また、日本史に於ける明治維新を考える。
2日目の内容    〃
3日目の内容    〃
4日目の内容    〃
5日目の内容 -
6日目の内容 -
7日目の内容 -
8日目の内容 -
9日目の内容 -
10日目の内容 -
11日目の内容  -
12日目の内容 -
講師略歴・資格 平成25年前期 学びキャンパスせとにおいて「『ローマ人の物語』(塩野七生著)を読む」を開講
平成25年後期 学びキャンパスせとにおいて「『ローマ人の物語』を読んで日本史を旅する」を開講
平成26年・27年・28年 学びキャンパスせとにおいて「司馬遼太郎著『街道をゆく』を読む」を開講
講座アピール 司馬遼太郎の著書『花神』は大村益次郎の生涯を通して、明治維新について書かれたものですが、事前にお読みになる必要はありません。
 一覧へ戻る >>>
Manabi Campus SETO