29年度後期 講座内容 一覧へ戻る >>>
講座番号  108 109
講座名  “超”初心者のためのピアノレッスン講座 「エリーゼのために」に取り組むプチピアノ講座
講座内容  認知症予防をもみすえた大人(特にシルバー世代)のための「全く初心者のためのピアノレッスン講座」。もちろん前講座修了生もOK。 有名な名曲に超初心者が挑戦するプチピアノ講座シリーズ。今回はなんと、あの誰もが知っている超有名曲「エリーゼのために」。
講師名  岡田 みどり 岡田 みどり
会場  パルティせと 4F 大会議室 パルティせと 4F 大会議室
日程  10/3, 10/10, 10/17, 10/24, 11/7, 11/14, 11/21, 11/28, 12/12 10/3, 10/17, 11/28, 12/12
時間  9:30~11:30 13:15~14:45
曜日 
募集人員  12人 12人
教材費  1,200円 1,200円
受講料  7,344円 2,808円
回数  9回 4回
持ち物  録音機器 録音機器
対象レベル  初級 初級
1日目の内容  「ピアノって指1本で弾けます『よろこびのうた』」
介護予防体操、「よろこびのうた」を指1本で体験。でも実は5本指でもすぐ弾けます。
「オリエンテーション」
介護予防体操。自己紹介。ピアノへの思い、「エリーゼのために」への思い等をお聞かせください。
2日目の内容 「秋風を感じてください『荒城の月』」
介護予防体操、「荒城の月」で右手、左手で一つのメロディーをじっくり奏でます。
「『エリーゼのために』の右手のメロディー」
介護予防体操。練習状況をお聞かせください。そして本日は「エリーゼのために」右手の哀愁漂うメロディーを弾きます。
3日目の内容 「オペラの時間です『ある晴れた日に』」
介護予防体操、日本をテーマにしたオペラ「蝶々夫人」よりのアリア「ある晴れた日に」を弾きます。
「『エリーゼのために』の左手の伴奏」
介護予防体操。練習状況をお聞かせください。そして本日は「エリーゼのために」伴奏はいかにメロディーを支えるか?
4日目の内容 「シャンソンの名曲『おまえが欲しい』①」
介護予防体操、とても有名なシャンソン「おまえが欲しい」まずそれぞれのパートを練習します。
「発表会」(開演14時15分予定)
介護予防体操。リハーサル、そしてお客様に聴いていただく発表会です。
5日目の内容 「シャンソンの名曲『おまえが欲しい』②」
介護予防体操、「おまえが欲しい」の2回目、パートナーとシャンソンでのワルツの連弾に挑戦します。
6日目の内容 「秋は文部省唱歌『里の秋』」
介護予防体操、懐かしい唱歌「里の秋」をピアノで奏でましょう。
7日目の内容 「今期のシメは『冬のソナタ』①」
介護予防体操、ついにでました「冬のソナタ」ヨン様ブームを思い出しますね。
8日目の内容 「今期のシメは『冬のソナタ』②」
介護予防体操、大人の曲で今年もシメましょう。
9日目の内容 「今日は発表会」
介護予防体操、弾けた曲はあなたの財産、どんどん増やすには?
10日目の内容
11日目の内容 
12日目の内容
講師略歴・資格 名古屋音楽大学卒業後、中学校音楽教諭として奉職。
現在、演奏活動・音楽教育にかかわりながら音楽療法士としても活動。
中学校教諭免許状一級、高等学校教諭免状二級(音楽)。
岐阜県知事認定音楽療法士。
愛知県健康づくりリーダー、あいち介護予防リーダー、機能向上プログラム指導者。
講座アピール  ついに7年目の「“超”初心者のためのピアノレッスン講座」です。開催当時の心配な心持ちを思い出すと夢のようです。
毎回、抽選をさせていただける講座となりました。もう100名はいらっしゃる修了生をはじめとする皆さんのおかげです。と言うわけで、感謝の気持ちを「瀬戸蔵 つばきホールのスタンウェイ試弾会での講座修了生全員ご招待」として表明させていただいております。講座で頑張った成果を是非大きなホールで、世界に誇るグランドピアノで表現してください。
 前期までは「憧れのショパンに取り組む…」のプチピアノ講座でしたが、ここらで少し趣向を変えて、「エリーゼのために」を原曲で弾く講座を開講とします。今までは、講師岡田が易しく編曲した楽譜で学ぶという流れでしたが、そろそろ原曲に正面から挑戦する講座があっても良いのではないでしょうか?とはいえ本講座は「“超”初心者のための…」の流れをくむ講座なので、最初のメロディーだけでもがとりあえずの目標です。ぜひご一緒に取り組んでみましょう。
 一覧へ戻る >>>
Manabi Campus SETO