平成30年12月例会 写真集
                         前月


                                            吉野祐次郎


本年度最後の12月例会「犬山城と木曽川の自然を歩く」は天候にも恵まれ84名の参加が

あった。コースは、名鉄犬山駅(東広場)に集合し、善師野駅→東海自然歩道→大平林道→

不老公園(昼食)→寂光院→木曽川沿い→犬山城→犬山駅までの14km。ショートコースは

犬山遊園駅までの11km。最初の休憩地点の善師野で火事があり、消防車が何台も出動

していた。ここまでは比較的歩きやすい道であったが、ここから先は、東海自然歩道で上りが

続くきつい道であった。石拾峠は石がごろごろしており歩きにくい道であった。

7名がこれを予想して善師野・犬山・犬山遊園と電車を乗継ぎ不老公園へ先回り。賢明な判断

であった。大平林道の下りは所々に紅葉が見られ楽しいウオーキングでした。

不老公園で昼食。ここも紅葉が見ごろで紅葉の下でのランチタイムは最高でした。

昼食後は、寂光院の紅葉狩り。足に自信のいない方はここから犬山遊園駅まで歩いてゴール。

寂光院は、426段の石段を登り本堂へ、少しきつかったが本堂にお参りし、紅葉を眺められた

のは良かったが、途中から300段の石段を登らずスロープカーで本堂まで行くことが出来た。

下見で分っておれば、これを利用した参加者がいたと思われる。反省点である。

あとは木曽川を下り、国宝犬山城の下を通ってゴールの犬山駅へ向かった。

率直な感想。犬山の城下町に非常に多くの観光客が訪れれているのはすごい事である。

瀬戸も見習わねば・・・・。


名鉄犬山駅を出発                    名鉄広見線善師野駅に向かう

 
善師野駅で休憩                      東海自然歩道に入る

 
坂道が続く                         石拾峠を越えて大平林道に入る


不老公園で昼食                      滝壷に観音様が祀ってある不老の滝

 
午後の出発                         寂光院に到着

 
参道の石段を登り山麓広場に到着             300段の七福坂を登る

 
本堂に参拝                          紅葉が見ごろ

 
紅葉に別れを惜しみ                    300段を下る

 
文明の利器がありました                 木曽川畔を歩く アンカーの加藤さん

 
犬山城が見えてきた                     国宝犬山城

 
鯱鉾が復元されていた                     犬山城前に到着

 
城下町を歩きゴールの犬山駅に向かう          ワイン祭りでにぎわっていた