砂防ダムの種類
ダムの写真等は各メーカー様のパンフレットより勝手にスキャナーしております。掲載に問題がある場合は早急に対処いたしますので、メールにてご連絡下さい。また、うちのダムも載せてほしいというメーカー様が見えましたら、メールにて連絡下さい。


砂防ダムの形式

1.透過型及び不透過型

 砂防ダムとしては大きく分けると、透過型と不透過型があり、透過型の効果としては、以下のものがあります。

  ・通常の砂防ダムに比べ土砂の捕捉量を増加させる
  ・魚道の確保
  ・流木対策
  ・河床低下の防止
  ・自然環境の保全
  ・土石流対策

 不透過型ダムは、そのダムが計画最下流端施設であり、人家等の直上流に位置し、地域住民に不安感を与える場合に摘要されることが多く、それ以外の場合は自然環境及び経済性を考慮し透過型を採用しています。

2.コンクリート型と鋼製型
 
 透過型ダムは使用材料によりコンクリート型と鋼製型に分類され、また、それぞれは以下の様なタイプがあります。

 コンクリート型
   ・洪水時の移動礫によりスリット部が閉塞するタイプ(閉塞型)
   ・スリット部は閉塞せず、堰上げ効果により掃流力を減少させ土砂を捕捉するタイプ
    (堰上型)
   ・両タイプのスリットを有するタイプ(混合型)

 鋼製型
   ・巨石のみの捕捉及びピーク土砂量の減少のみを目的とするタイプ(巨礫捕捉型)
   ・土石流を確実に捕捉することを目的とするタイプ(閉塞型)
   ・最下流端施設において捕捉の確実性を向上させたタイプ(最下流閉塞型)


砂防ダムの種類
 
  コンクリートダム  

重力式コンクリートダム ←  砂防ダムの中でもっとも多く用いられている構造です。
アーチ型コンクリートダム  ←  黒部ダム(ちなみにこれは砂防ダムではないです)など大規模ダムでみられる、上から見るとアーチ型をしたダムです。
砂防ダムではあまり用いられません。砂防便覧によると、ダム高30m級のものにたまに採用されているみたいです。

  鋼製ダム

名称 メーカー名 ダム形式 特徴
共生ダブルウォールダム 共生機構株式会社 不透過
共生スーパーセルダム 共生機構株式会社 不透過,透過?
ハイブリッドバットレス(HB)型オープンダム 共生機構株式会社 透過
タイヤダブルウォール 共生機構株式会社 不透過
鋼板セルダム 住友金属工業株式会社 不透過,透過?  
鋼板セグメントダム 住友金属工業株式会社 不透過  
鋼製スリットダムB型 日鐵建材工業株式会社 透過 6m以下の透過式ダムに採用
日鐵鋼製自在枠ダム 日鐵建材工業株式会社 不透過 プレハブ化された鋼製の枠の中に石を詰めたもの
日鐵土石流ブレーカー 日鐵建材工業株式会社 透過?
スーパースチールダム 日鐵建材工業株式会社 不透過 鋼矢板治山堰堤
格子形ダム 株式会社神戸製鋼所 透過 8m以上の透過式ダムに採用
鋼製I型スリットダム JFE建材株式会社 透過 衝突エネルギーが比較的大きい場合に最適で、ダム高には無関係
鋼製続枠ダム JFE建材株式会社 不透過 プレハブ化された鋼製の枠の中に石を詰めたもの
L型スリットダム JFE建材株式会社 透過 底版コンクリートを用いていないところが大きな特徴です。
鋼製排砂スクリーン工 新日本製鐵株式会社 透過  コンクリートダム等の水抜管を大口径のトンネル形状(通常時は砂を下流に流す&生態系保護のため)として、その上流側にこのスクリーン工を設置することにより、土石流及び流木による下流への被害を防ぐ。碓砂した土砂は通常時の流水の掃流力により除々排砂される。
鋼製スリットダムA型 新日本製鐵株式会社 透過  
CF型スリットダム 住友金属工業株式会社 透過 セルが小型化されており、従来鋼製セルダムが設置できなかった狭隘な場所への適用が可能
「ガードン」(鋼製組立網) 共和ハーモテック株式会社 不透過 プレハブ化された鋼製の枠の中に石を詰めたもの

   2次製品ブロックダム

名称 メーカー名 ダム形式 特徴
井桁ブロック 三菱マテリアル建材株式会社 不透過 井桁ブロックを組み合わせて、ダムにします。
エコフォーム 三菱マテリアル建材株式会社 不透過 修景型枠ブロック
砂防ブロック 日建工学株式会社 不透過  
三基ブロック 三基ブロック株式会社 不透過  
パラクロス 技研興業株式会社 不透過   
ポトロック 技研興業株式会社 不透過 自立式修景型枠ブロック
イゲタフレーム 共和コンクリート工業株式会社 不透過 井桁ブロックを組み合わせて、ダムにします。
巌(いわお) 共和コンクリート工業株式会社 不透過 修景型枠ブロック
ナチュラートパネル 丸栄コンクリート工業株式会社 不透過 修景型枠ブロック
ダムロック 丸栄コンクリート工業株式会社 不透過  
ダムエルウォール 丸栄コンクリート工業株式会社 不透過  


不透過型ダム工法比較表 (参考)            



1案

2案

3案

4案

5案

名  称

重力式コンクリートダム

鋼製ダム

2次製品ブロックダム

補強土工法ダム

セル構造ダム

構  造

 


コンクリートによる重力式構造        
           

 


形鋼や鋼管で形成されたフレーム(枠)の各面を、形鋼等でスクリーン状にカバーして、中に割石を充填する構造

2次製品のブロックを組み合わせて積み上げた構造          

 


上下流面の鋼製のパネルをタイロッドで連結され、中に現場発生土等を充填する構造
 

鋼製のセグメントで構成された円形鋼製殻の中に現場発生土等を充填する構造
 



特  徴



 


・最も多く用いられている工法である。
・鋼製のダムに比べ一体性がある。
・錆の心配がない。
・自由な形状とできる。
・荷重が重い。


 


・可性に富み、沈下等の変位にも追随できる。
・透水性がある。
・錆に弱い。
・人力施工も可能。



 


・可性に富み、沈下等の変位にも追随できる。      
・透水性がある。   
・錆の心配がない。
・ブロックを積み上げていく工法であるので施工が簡単である。

 


・密に配置されたタイロッドにより中詰め土が補強された補強土フィルダム的な特徴を持つ。        
・ダム全体の可性に優れている。
・錆に弱い。
・ブルドーザー等が堤体内を自由に走れるため、転圧が十分でき施 工速度も速い。  

・組立が簡単で短時間にセル構造が築造できる。        
・錆に弱い。     
・円形であることから、外力に強い。



 

景観性能 化粧型枠、木質ソフトパネル等による修景が可能 修景は不可能
 
修景は不可能
 
修景を施したパネル使用
が可能
修景は不可能